そして今、千葉の夜空より

石垣島での離島生活に終止符を打ち内地に戻り早や数年。
blogデザインは 『石垣島暮らし』 の名残をそのままに
携帯画像を添えながら、近況報告などFacebookとリンクしながらお伝えしています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
昨年の今頃は・・・
昨年の今頃は・・・

青空のもと、国際通りを練り歩くエイサー隊に見入っていたものです見る
そう、この頃はまだ那覇に居た私でしたが、国際通りから一歩脇に入ったマンションを出ると内地では考えられない程の陽気だったことを今でも思い出します太陽 そんな青空とエイサー隊を眺めながら、何処に向かっていたのかまでは思い出されませんが、意気揚々と国際通りを闊歩していたことは確かです(笑) それまでの石垣島暮らしとは少々違って、ことあるごとに刺激的な催しが多かった日曜日の国際通りドキドキ 今ではこうして内地に戻って来ましたが、尋ねられない限り沖縄の話をすることもなくなってしまいました。そうして、刻一刻と私の心のなかでは沖縄での暮らしが遠い思い出へと変化を遂げてしまうことを悟りながらの夜が続いているのでした夜空

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

昨年の今頃は・・・

JUGEMテーマ:モブログ
22:02 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
石垣島を離れ、あれから一年
石垣島を離れ、あれから一年

それまでは、まさかそんな決断を下すとは
自分自身でも気付いていませんでした。

異変は昨年の4月中旬頃からだったか!?
それまでの石垣島での暮らしのなかで、頑として崩れ落ちることのなかった何かが、
私のなかで崩れかけたのです。その後は、いったん崩れ始めた何かを修復することも出来ずに、夏には琉球大学付属病院での手術。およそ10日後には石垣島に戻り、職場へと復帰。みんな手術を無事に終え、職場復帰した私を温かく迎えてくれていました。それでも完全に修復することの出来ていない何かと密かに、そして必死に戦っていたように今となってはそう思います。それから間もなく、その時は訪れました。よくぞここまで持ち堪えてこれたとも思える私のプライドの最後のひとかけらが許してはくれませんでした。即日、退社を願い出た私は、なるべく早くに自由にしてもらえるよう要望していました。それでも、引き継ぎその他で丸二ヶ月を要してしまいましたがね。私がお世話になっていた会社は、石垣島のなかにあっては老舗も老舗。当初はこじんまりとした店舗から始まったらしいですが、今では知らない人は島内に居ないほどの会社組織に成長。店舗の他に幾つかの事業を展開していました。そうなると、待遇面も必然と良いわけで、沖縄でありながら、しかも離島でありながら夏と冬にはボーナスも支給してもらっていました。それでも、その場を去る判断を下すことになるのですから、いかに離島での暮らしは善いも悪いも両極端。散々、マスメディアなどで発信されてきた楽園とは表面的な意味で、観光だけならそれで通用するのでしょうが、いざ暮らしを構えるとなると実情は違うものなのですよね。

石垣島を離れ、あれから一年

退社が決まってからは日々の業務と共に、借りていた赤瓦家の後片付けも同時進行で始めていたのですが、さすがに一軒家を総て片付けるには長い時間とエネルギーを費やしたものです。そして9月の末日、最後の業務後に盛大な送別会を開いてもらっていました。最後のお給料に、本来は制度にはない退職金まで頂き、それまでの苦労を正当に評価してもらっていたことが何より嬉しかったことを思い出されます。残念ながらその場を離れる決断をしたのですが、会社に感謝していた事も確かでした。赤瓦家の後片付けもすっかり終わり、帰る場所のなくなった私は石垣市内のホテルで一泊を過ごし、翌日のお昼には意気揚々と那覇空港へと降り立っていたのでした。これまで数え切れないほど那覇空港に降り立ってはいても、これからはここで住まいを築いていくんだという意識がどこか薄かったように今になっては思えます。最初の数日間は定宿にしていたホテルでの暮らし、那覇に入ってからおよそ一週間で国際通りから徒歩で10秒のマンションへと引っ越していました。本当は最初の一ヶ月位をの〜んびり観光でもして過ごそうかと思っていたのですがね。まだ新しい住まいへと引っ越したばかりの日曜日、前夜が遅かったことからお昼まで寝ていた私を起こしてくれたのが、鐘の音と威勢のいい雄叫びで国際通りを練り歩いていた 『那覇まつり』 の旗頭パレードでした。この時、目覚めと共にやっと気付いたのかも!? もう私は石垣島ではなく、那覇で暮らし始めているんだということをね。それからは、のんびりしているよに見えながらも何処となくめまぐるしい日々を送っていたように思えます。ある時は質素に、ある時は華やかに、そしてある時は自分自身さえも見失いながら ・・・ 善いにせよ悪いにせよ、どちらにしてもいろんなことが凝縮された半年間でした。そして理由はどうあれ、私はその半年間という短い時間で那覇を後にすることになっていました。なんとも言い難い複雑な心境のまま那覇空港から羽田へと向かっていたことを昨日のことのように思い出されます。語り尽くせば、夜が明けてしまいますのでこの辺にしておきますが、私の沖縄を舞台とした成功と失敗のほんのひとこまでした。

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

石垣島を離れ、あれから一年
01:50 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
沖縄の猫は芸達者!?
沖縄の猫は芸達者!?

沖縄の猫ちゃんに限ったことではないでしょうがね ・・・(笑)
日本全国津々浦々、人々をほがらかにさせてくれる癒しの猫は多いと思うのですが、特に沖縄の猫たちは人馴れしているのと同時にサービス精神が旺盛なように思えてねねこ 別に擦り寄ってくるわけでもなく、こちらからそっと近づいても嫌がらず、付かず離れずのちょうどいい距離感とでも言うのでしょうか!? そんな一定の距離感を意識しながら触れ合っていた癒しの猫たち癒し そのうち情も移ってしまい、何するわけでもないのに通り掛りに一緒にしゃがみこんでは同じ時間を共有してしていたものですかわいい マンションの近所でもあり、近くまで行った時にはよく立ち寄っていた 『桜坂劇場』 に向かう小高い坂の途中にもおとなしい猫たちが下 特にこの子には癒してもらいました(笑) 元気にしているかな!? 今でもたま〜に思い出しては懐かしんでいます。沖縄を離れてしまった私には、この子たちがいつまでものんびりしながら元気に暮らしていてもらいたいと願ってなりません ・・・ いつまでも元気でいてねねこ

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

沖縄の猫は芸達者!?
21:00 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
レトロな焼きとり空間
レトロな焼きとり空間

前節からの続編のような話題になってしまいますが汗
これまた国際通りから 『浮島通り』 というセレクトショップが立ち並ぶ一風変わった魅力的な通りがあるのですが、その通りをしばらく進むとちょっとした交差点の片隅になんとも風情な焼きとり屋さんが現れるのですやきとり 焼きとり好きな私はそのお店の存在を見逃す訳もなく、一人で何の予定も入っていない時に行ってみたのでした。ん〜、席に着くなりいい感じナイス 何人かで行っても良し、一人でも良し。妙に落ち着くレトロな空間なのでした。観光で沖縄入りされた方々は沖縄料理へと足が向いてしまうのは当たり前のことで、実際に沖縄を住まいとしたならば内地でのおつまみも恋しくなるものなのです(笑) しかも鶏皮はたったの40円お金 備長炭で丁寧に焼いてくれるから、鶏皮に限らずあらゆる焼き物が旨いこと。こうして一人でも気軽に立ち寄れるお店はいくつあっても嬉しいものです。しかも、このお店と節子鮮魚店はご近所。観光客でにぎわう国際通りから一歩脇に入ったこの周辺は、いつまでもこのままであってほしいと切に願ってしまうほど、当時の私にとっても地元の方々にとっても貴重なご当地エリアなのでした星空

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

レトロな焼きとり空間
21:00 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
節子鮮魚店
節子鮮魚店

節子鮮魚店と言うだけあって、
節子さんという方が創業者なのでしょうが・・・
しかし、店名の主にお会いしたことは一度もありませんでしたはてな
石垣島から那覇へと移り住んで間もない頃、いつものように国際通り沿いに借りていたマンションを出て散策しながら偶然見つけた立ち食いそば屋を思わせるような気軽な鮮魚店さかな ところが、これが大当たり!! 氷水に冷やされた缶ビールにその場でさばいてもらう新鮮なお刺身などなど刺身 誰かとがっつりではなく、一人で気軽につまんで呑んでのちょい寄りには持って来いの鮮魚店なのでしたグー これはね、観光などでは絶対に有り付けない、そこに暮らして初めて辿り着けるような場所でもあるのですよね。観光メッカの国際通りから一歩脇に入っただけで、それまでとは違う世界がこうして広がってもいるものなのです地球 そんな節子鮮魚店で私のお決まりと言えば、生カキを二つほどをポン酢かシークワァーサーで戴きながらの缶ビール。または、店内にところ狭しと並べられている水槽から出したて、さばきたてのナマコに小ぶりなアワビなどを当てに缶ビール。なんたって、缶ビールしかなかったからね(笑) それでも十分に旨かったなぁうまい 気軽に寄って、気軽に呑んで、肩肘張らず水槽の生き物たちを見ながら一言、申し訳ないねぇ ・・・ そう心で唱えながら新鮮素材と共に一息つけるお気軽で便利な節子鮮魚店なのでした魚

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

節子鮮魚店
20:10 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
琉神マブヤーが全国デビュー
琉神マブヤーが全国デビュー
上すみません、このシーンだけに限ったことではないのですが、
主人公のはずの琉神マブヤー(右)より、いつも龍神ガナシー(左)の方が
目立っているように思うのは気のせいなのかね・・・

なっ、なんと!!
あの 『琉神マブヤー』 が沖縄ローカルだけに留まらず、
内地へと向け全国デビューを飾るそうです日本 どこまでその人気を拡大させる気なんだっ、琉神マブヤーめっ(笑) とは言っても、特撮ヒーローものとしては十分過ぎるほどの人気とTV視聴率の実績を携えている訳ですからしょうがないか!? と、意地悪な論評はさておき、高視聴率を保っていたTVシリーズをDVD化 → そして全国販売するだけではなく、新たに映画を作製して全国進出へ打って出るそうなのです映画 しかし、これまでは大当たりだったね琉神マブヤーヒーロー この数年でここまで人気者になるとは ・・・ しかも、このご時世に特撮ヒーローものなどすぐに飽きられてしまうのではと思っていたんだけど、大したもんだわグー ただ、これが全国区になったら話は別よ!! どこまで沖縄での人気を全国各地のちびっ子たちにまで浸透させられるかな!? さぁ、お手並み拝見だっ!! 待ってるぞ、琉神マブヤーおいで

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

琉神マブヤーが全国デビュー
20:22 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
菊池雄星くん
菊池雄星くん

いよいよ一軍での登板へ ・・・ それを知ったのはネット上でのトピックスでした。
それを見た瞬間、なんとも言えぬ安堵感を覚えたものですほ きっと、鳴り物入りで 『西武ライオンズ』 へと入団したまではいいものの、色々とあったことでしょう!? そのひとつに、これまでのスポーツニュースでも取り沙汰されてきた当時の大久保コーチによる理不尽な暴力だったり、鳴り物入りだからこその重圧だったりと、プロの世界に入ってからの彼には自分らしさを発揮することが困難な状況だったのではないかと思っていました そんな菊池雄星くんを今春のキャンプで身近に感じる機会がありました。しかし、どことなく悲壮感にも似た何かが彼を包み込んでいるように思えてなりませんでした。これはたまたまかも知れませんが、彼の後姿を目にして感じたのは、ずっしりと重い十字架を背負わされてしまったように感じてしまったのです。それでも、やっと巡って来た一軍での初登板野球 結果的には残念な初登板となってしまいましたが、登板後の彼のあどけない表情、そしてあの涙には多くの意味が込められていたと思います。渡辺監督も 「今後が楽しみ・・・」 と語っていたのですからもう一度、重圧から少しだけ開放され、肩の力がほぐれたであろう雄星くんにチャンスを与えてあげてもいいのではないかと思ったのは私だけかな!? そんな私も西武ライオンズのファンではありませんが、菊池雄星くんだけは今後も応援してあげたいし、見守ってあげたいと素直に思える選手なのでした。焦らずに頑張れ!! 雄星応援

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

菊池雄星くん
00:35 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(6) | trackbacks(0)
沖縄の三ツ星オリオンビール
沖縄の三ツ星オリオンビール

そう、沖縄でビールと言えば迷うことなく 『オリオンビール』 ですねビール
沖縄の象徴のひとつと言っても過言ではないでしょう!? そして、何か催しがあれば必ずと言っていいほどそこにはオリオンビールのブースがあります(笑) これは昨年の 『沖縄の産業まつり』 からのひとこまですが、地元のみなさんから愛されているオリオンビールですから、ブース内は多くの人々でにぎわっていましたきゃー そんな沖縄を代表する優良企業のオリオンビール、沖縄県内での主たるイベントには必ずと言っていいほど協賛の依頼が舞い込むようで、オリオンビールの協力なくしてイベントは成り立たない!! そう言われるほど頼りにされているそうです。そのオリオンビールが自ら主体となって大々的に開催されているのが 『オリオン・ビアフェスト』 ですね祭り 毎年、沖縄出身のアーティストを中心に豪華なゲストを迎えながら開催されるオリオン・ビアフェスト歌 それだけではなく、明るい笑顔で人々を和ませてくれるキャンペーンガールのみなさんも、オリオンブランドを誇りに思っているのでしょう!? どことなく伸び伸びした笑顔がひときわ輝かしいのでしたスマイル

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

沖縄の三ツ星オリオンビール
22:14 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
あと一歩で力尽きてしまった琉球ゴールデンキングス
あと一歩で力尽きてしまった琉球ゴールデンキングス

少しばかり古い絵柄と共になりますが・・・
今シーズンもその強さからシーズン王者を決めるためのファイナル4に進出していた 『琉球ゴールデンキングス』 バスケットボール 戦いの舞台となっていた有明コロシアムまで応援に駆け付けることは出来ませんでしたが、密かに試合結果を注目していました応援
まずは同じ西地区の大阪エヴェッサを打ち破り、いよいよ新潟アルビレックスを撃破し東地区を勝ち上がってきた浜松・東三河フェニックスとの決勝戦パンチ これは二年振りに王座奪還なるか!? そう期待していたのですが、思いのほか大差で敗れ去ってしまったゴールデンキングス負け さすがに昨シーズンチャンピオン、浜松・東三河フェニックスは強かった。結果は残念でしたが、今シーズンもよく戦っていたと思います。また、来シーズンに期待を寄せるしかありませんね。 桶谷ヘッドコーチ のユーモアたっぷりな身振り手振りを交えた戦略指導のもと、ゴールドに輝くユニフォームで王座奪還を目指し戦い抜いてもらいたいと願っています。今では遠く離れてしまいましたが、これからも応援しているぜっ!! 琉球ゴールデンキングス王冠

記事LINK >> 『沖縄タイムス / 琉球キングス』

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ

あと一歩で力尽きてしまった琉球ゴールデンキングス
01:00 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(0) | trackbacks(0)
FM沖縄
FMおきなわ

こちら千葉県へと戻ってから、およそ一ヵ月半が過ぎようとしています時計
そんな中、ふっと気付くとラジオからは 『J-WAVE』 のサウンドが。そう、沖縄へ移住するまで馴染みの深かった情報発信基地J-WAVEのハイセンスな音源と語りを懐かしく思ったものです。その沖縄では、J-WAVEに代わりいつしか 『FM沖縄』 が馴染みのBGMになっていましたラジオ ある時、FM沖縄に用があり訪れる機会が車
ちょうど、お昼の人気コーナーでもある 『ゴールデンアワー』 が生放送を終える時間だったので、しばし見学をさせてもらいながら番組を終えたばかりの人気パーソナリティ、ミキトニーこと糸数美樹さんと西向幸三さんにお会いすることが出来ましたこんにちは このお二人の掛け合いがなかなか面白くて、ミキトニーのほんのり沖縄方言が交じった語り口調と笑い方が人気の秘訣だったかも!? そう言えば、夜の人気コーナー 『Radio dab』 のパーソナリティのメロディさんはめっちゃ可愛い方です可愛い まぁ、モデルさんでもあるしね。日本全国、各地でご当地のFM局があると思うのですが、沖縄ではFM沖縄が頑張っていました。遠く離れてしまいましたが、いつまでも楽しい番組をね夜空

Report by にほんブログ村 ライフスタイルブログへ @すがにぃ
18:33 | いろんな思いで from 沖縄県より | comments(2) | trackbacks(0)